【マップでわかりやすい】フクシマとチェルノブイリの比較

ベンゼンより高影響=内部被ばく推計、東京の発がんリスク―東大
-------------
東京電力福島第1原発事故で放出された放射性ヨウ素やセシウムが体内に取り込まれる内部被ばくについて、東京都内で1年間暮らした場合、発がんリスクは大気中の有害物質ベンゼンより高いが、自然界に存在するカリウム40よりは小さいとする推計結果を、東京大の村上道夫特任講師(都市環境工学)が12日発表した。
--------------

原発推進派が放射能は安全ですという時に出てくるカリウム40.このキーワードで安全じゃないと判断できる。

http://ameblo.jp/makirin1230/entry-10927802058.html

早川由紀夫の火山ブログ
http://kipuka.blog70.fc2.com/

東京も一部色づいているのがわかる。

でも、これって東京は安全です(嘘だけど)、だからどうした?ってニュースだわ。

福島県内は危険です!といって、女性や子供を逃がせろよ。

もう遅いのかもしれないけれど、5年後、10年後、僕らは放射能汚染の現実を目にするんだろうね。そして、その時になって初めて気付く。守るべきは、職よりも土地よりも、子どもの命だったのだと。

↓の動画には、見るのが大変な映像があります。一つ目の子供や、子供なのか何なのかわからず、物体という表現が正しく思える存在の映像。

ちなみにフクシマから飛散したセシウム137の量は広島原爆の168倍だそうです。


世界は恐怖する 死の灰の正体 4/6
関連記事
スポンサーサイト

まとめteみた【CONFESSION FOR EXIST】

ベンゼンより高影響=内部被ばく推計、東京の発がんリスク―東大------------- 東京電力福島第1原発事故で放出された放射性ヨウ素やセシウムが体内に取り込まれる内部被ばくについて、東京都内で1年間暮らした場合、発がんリスクは大気中の有害物質ベンゼンより高いが、...

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

C.F.E.

Author:C.F.E.
現実にいる政治家に会うこともあったが、どうにも信用ができなかった。それは、客観性のない事実を彼らが信じ、誰が考えたかもわからない論理を発展させ、政策にしていたから。僕は、そんな彼らに辟易としていたが、何もせず彼らの好きなようにさせておくわけにはいかないと考え、少しでも多くの人へ、事実を伝えていけたらと思い、ここに行動を開始いたします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR