売国党とおバカ国民

<議事概要公表>玄葉氏「これは戦争だ」3月17日対策会議


「これは戦争だ」。9日に公表された原子力災害対策本部の議事概要では、福島第1原発での水素爆発後、玄葉光一郎国家戦略担当相(当時)が悲壮な決意を述べる場面もあった。

 対策本部では事故発生当日の第1回会議(昨年3月11日)以降、繰り返し炉心溶融(メルトダウン)への言及があり、実際に3基で炉心溶融が発生、昨年3月12~15日にかけて1、3、4号機の原子炉建屋で水素爆発が起きた。玄葉氏の発言は、最後に発生した4号機の爆発から2日後の同17日夕の第10回会議でだった。玄葉氏は「既に局地戦では負けているが、これから先、いかに負けを少なくするかだ」と述べ、最悪の事態を想定して住民を避難させるよう主張した。

 一方、当初から炉心溶融が指摘されていたことについて枝野幸男経済産業相は9日夕、記者団に対し「当時そのことを伝えられなかったのか、いろいろな評価があるだろう」と述べた。

 枝野氏は炉心溶融の指摘が「誰の発言か記憶がない」と繰り返し、理由について「直接、住民の健康に影響する放射線量のことにかなり私の関心は集まっていた」と説明した。

 事故当初、官邸内の指揮系統や東電との連絡の混乱も描かれている。昨年3月15日午後に開かれた第8回会議では、消防庁を所管する片山善博総務相(当時)が「実務オペレーションの統率がとれていない」と発言。菅直人首相(同)は「(海江田万里)経産相と細野(豪志)補佐官を(東電に)張り付けている。しかしやりとりの歯車がうまく回っていない」と釈明していた。【和田憲二、西川拓】


日本国民の敵は日本国だ。つまり、日本の国家機能を運営している人間と、その法制度の中で暮らす人間の戦いを表して、玄葉は「これは戦争だ(日本国民をいかに騙して被曝させて人体実験データをとるかの)」と言ったんじゃないのか。

事故後の対応は何だ。お笑いコンビ「メルトダウン」の枝野は、『炉心溶融の指摘が「誰の発言か記憶がない」と繰り返し、理由について「直接、住民の健康に影響する放射線量のことにかなり私の関心は集まっていた」』というが、「ただちに人体に影響はない」の2011年の最悪流行語大賞を繰り返したのは、どこの誰だっけ?枝野の中に小枝野にでも操られてしゃべってたのかよ、と。最悪の事態を想定して、行動するのが防災には重要でしょう。にも拘わらず、危機意識の薄い人間が、総理大臣をはじめとした無表情の大臣に顔を連ねて、このとてつもない事態にあたるなんてね。それが許され、未だに政治家を続け、大臣を続けられるなんて狂ってるよ、この国は。

それに、国の事故後の対応にとりたてて関心もよせず、ああ政治家は最悪だね、でいつもと同じセリフにいつもと同じ暮らし。
知らない間に、自分たちの周りが檻で囲まれ、自由を奪われていっているのに、身ぐるみを合法的にはがされようとしているのに。



関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

C.F.E.

Author:C.F.E.
現実にいる政治家に会うこともあったが、どうにも信用ができなかった。それは、客観性のない事実を彼らが信じ、誰が考えたかもわからない論理を発展させ、政策にしていたから。僕は、そんな彼らに辟易としていたが、何もせず彼らの好きなようにさせておくわけにはいかないと考え、少しでも多くの人へ、事実を伝えていけたらと思い、ここに行動を開始いたします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR