終戦の日に大政翼賛会に向けてのニュースとはね・・・

<大連立>岡田幹事長、前原前外相も同調 「方向性は同じ」
毎日新聞 8月15日(月)11時8分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110815-00000013-mai-pol
民主党代表選に出馬の意向を固めている野田佳彦財務相が自公両党との大連立を目指す考えを表明したことについて14日、同党の前原誠司前外相、岡田克也幹事長がそれぞれ同調する考えを示した。

【明快図説】民主党の党内人脈図
http://mainichi.jp/select/seiji/graph/minsyujinmyaku/index.html?inb=yt
 前原氏はフジテレビの番組で、「(野田氏と)方向性は同じだ。大連立を1年程度、政策を決めてやるべきだ」と、期限付きの大連立に賛意を示した。復興増税については、企業の海外流出につながるとして「この1、2年は増税でやるのは慎重であるべきだ。無駄の削減も手がつけられていない面もある」と、否定的な考えを示した。代表選対応は「仲間と相談してそう遠くない時期に決めたい」と述べるにとどめた。

 岡田氏は、東京都内で記者団に「自民、公明両党の協力は必要だ。最終的に大連立を目指す考えはあっていい」と述べた。新政権発足の時期については「大連立の可能性がかなりあるのなら、9月に(臨時国会を)開き直して首相指名すればいい」と述べ、両党との政策協議のために時間が必要な場合は、9月にずれ込むこともあり得るとの見通しを示した。

 野田氏は同日のNHKの番組で、「(自公両党とは)現実的には閣外協力、部分連合もあるが、意思決定を迅速にし、お互いに責任を持ち合う体制にした方がいい」と、両党に入閣を求める考えを強調した。

 15日午前の閣議後会見では大連立に否定的な意見も出た。北沢俊美防衛相は「自民党は現政権を倒すという気持ちがあるので簡単ではない。政策ごとに協調していく姿勢を持たないといけない」と述べ、当面は政策協議を積み上げるべきだと指摘した。中野寛成国家公安委員長は「(規模や期間を)最小限の連立にとどめるべきだ」と語った。【野口武則、光田宗義】
---------------------------------------
引用終わり

なんというか・・・予想通りというか。。。

物言わぬ国民、物考えぬ愚民・・・おっとっと。

まぁしょうがないか。

テレビという無料の洗脳装置に身をまかせ、無意識の刷りこみ、思考停止という機能にやられている人が多いのだから。

もし、大連立という名の大政翼賛会が樹立されてしまえば、どうなるだろうか。大政翼賛会=国家機能の完全なるマリオネット化を意味すると考えている僕としては、やはり何かしらの兵器の衝突へと向かうような気がする。

それを止めるためには、一つ、この経済の仕組みから抜け出すこと、二つ、世の中をきちんと見て考えること、三つ、自分以外のための行動をすること。かなと思う。

とはいうものの、一つ目はすぐにできるものではないので却下。

二つ目は多くの人にとって、習慣の無いものだから出来ないとして却下。

最後の三つ目は、利己主義の人の方が多いので却下。

よって、この流れは止まらない。。。という身も蓋もない結論が導き出されてしまうのですが、まぁ本当に多くの人にとってはどうでもよいことだからなぁ。

自分の身の周りに影響が及ぶまで、何も行動を起こさない。それが洗脳された国民の運命だから。そして、自分の身の周りに影響が及んでもなお何も行動を起こさない。それはただの奴隷だから。

そして、今日の終戦記念日。

これが日本人の奴隷化開始記念日でもあり、”日本のいちばん醜い日”でもある。
僕には昭和天皇が発したとされる言葉のいくつかが、僕の考えていた昭和天皇像にそぐわないことがあって、あの戦争のはじまりと終わりまでの時間での昭和天皇の立ち位置というものについてあいまいな部分があった。でも「日本のいちばん醜い日」という本を読んでから、それまで立ち込めていた霧が一気に晴れるような感覚があった。

それから日本人は家畜として飼われていたんだなと。いわゆる支配者層を頂点とするヒエラルキー構造の中で牙を抜かれ、生きる目的を生を楽しむことから人と競争することへすりかえられた被支配者層が、日本の”経済”という牧場でひたすら太ることを生きがいとした。
結果、支配者層は、太った経済を自分たちの私腹を肥やすことに使い、被支配者層はただ食われるばかり。

原発事故もその延長線上で、原発を誘致した地域は太るがそれ以上に電力利権にからむ支配者層が太る。で、お互いにwin-winの関係になっているように見えるが、原発周辺地域は白血病患者や流産する率が原発のない地域に比べて多く、太らされたその地域の住民はまさにメタボの弊害で死んでいく。
さらに、原発事故が発生した時は、全国からの税金をその補償へ使うなどという暴挙に出るわけだ。東電なんてつぶしてしまって、国有化すべきであったのにね。

未だに収束しない原発事故に対して、未だに安全ですと言い続ける笑顔の死神たちを支配者層側が利用し続けている。

さらには、安全ではないと言った学者も利用しはじめている。大政翼賛会に向けて、正しい事をいう人間の言葉を利用する。原発事故の対応に関しては、政党の意見の違いを超えた対応をしてもらいたい、と言ったのにおそらくこの言葉を利用してまた刷りこみを始めている。

二度と日本のいちばん醜い日が来てほしくないと思う8月15日。
戦争で亡くなった方々のご冥福を祈る。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

C.F.E.

Author:C.F.E.
現実にいる政治家に会うこともあったが、どうにも信用ができなかった。それは、客観性のない事実を彼らが信じ、誰が考えたかもわからない論理を発展させ、政策にしていたから。僕は、そんな彼らに辟易としていたが、何もせず彼らの好きなようにさせておくわけにはいかないと考え、少しでも多くの人へ、事実を伝えていけたらと思い、ここに行動を開始いたします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR