【20110409本日のチェック記事】

米軍放射能専門部隊が訓練公開
-----------------------------------------------------
 アメリカ軍は、福島原子力発電所の緊急事態に備え、放射能や生物兵器などの汚染地域から市民を救助する専門の部隊を日本に派遣している。その訓練の様子が9日、アメリカ軍横田基地で公開された。

 アメリカ海兵隊に所属する化学・生物兵器事態対応部隊(CBIRF)からは、福島第一原発の緊急事態に備え、隊員145人が派遣されている。9日は、取り残された住民を救助し、体の表面の放射性物質を洗い流す除染作業の訓練などが行われた。実際には、助け出された人は除染作業を受けた後、迅速に医療チームに引き渡される。

 CBIRFは、日本政府の要請があれば福島などに派遣されることになる。
-----------------------------------------------------


「日本一新運動」の原点(48) ── 菅政権では東日本大震災の救済は絶望だ
-----------------------------------------------------
 3月29日(火)午前、私の友人である板橋区役所ホタル飼育施設の安倍宣男理学博士から電話があった。ホタルを飼育するために、汚染された水質の改善技術で有名な人物である。

 「放射性ヨウ素と放射性セシウムの数値が高くなる水道水を、70%削減できる発明ができた。蛍の飼育を参考にして、ナノ銀坦持石と骨炭などの組み合わせだ。これを小沢先生の名で世の中に知らせて欲しい」という話だった。平成19年6月、民主党代表のとき、小沢氏がホタル飼育施設を訪問して以来の交友である。
-----------------------------------------------------


日本および北半球の人々にとって最重要なお知らせです。
-----------------------------------------------------
日本および北半球の人々にとって最重要なお知らせです。

(記事の中で一部良い子に適当でない表現が含まれています)

(コメント欄をご覧になり)これが何を意味しているのか今晩記事にします。(多分明日。夜はアルコールが大量に入るからね。でも拍手次第だな)誰が人工地震をあらかじめ知らせ関連株を仕込み儲けたのかを。すべて明らかにします。河原乞食たちはメルボルンに移住したようです。そこから日本本土壊滅を見学するのでしょうか?そして祝杯をあげる段取りなんだろうがね。そうはさせないよ。彼らは3月11日に続いて4月11日に房総半島から関東地方に第二の人工地震のトリガーを引こうとしています。関係者にはすでに通知済みのようです。おそらく8日以降全国的に雨を降らせるでしょう。液状化をより効率よくするために。気象操作なんて簡単ですからね。3月11日は単数化(11はできない)すると五芒星=バフォメット。4月11日は六芒星=いよいよご本尊登場か?この記事と次の記事を拡散させれば第二のトリガーは防げるかもしれません。(防げるよ。彼らの裏の意識は臆病だからね)人間として生きるのか獣としていきるのかカルトの皆さんも含め胸に手を当てて対処してください。決して浮ついた態度でここの記事を見ないでいただきたい。ここの管理人はMI6のエージェントか?という噂が絶えません。もしそうだとしたらみみ33の河原乞食は大変な過ちを犯したことになります。そうでなくても管理人はフランスのあれ(対外治安総局 (DGSE)Direction Générale de la Sécurité ExtérieureSDECE―)かもしれないよ。いまさらみみ33の河原乞食が後悔しても手遅れでしょうよ。さっさとおやりなさいよ,4月11日に。富士山の噴火もやりたいの,お前らは!(あははは.....♪)メルボルンまで使いの者を出そうか。身辺整理をして金玉をよく洗っておくことだな。使いの者は男が好きだからな。人相が悪いびっこの外人がうろうろしていたらそいつだよ。この男はアル中の元KGBだよ。お前らの名前・住所はすでに把握してある。とりあえず出国できないよう手配はしてある。この河原乞食の糞どもが。ご本尊に報告しておくんだな。(2011年4月7日 15:34分)
-----------------------------------------------------
関連記事
スポンサーサイト
人気ブログランキングへ

テーマ : 地震・天災・自然災害
ジャンル : ニュース

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

C.F.E.

Author:C.F.E.
現実にいる政治家に会うこともあったが、どうにも信用ができなかった。それは、客観性のない事実を彼らが信じ、誰が考えたかもわからない論理を発展させ、政策にしていたから。僕は、そんな彼らに辟易としていたが、何もせず彼らの好きなようにさせておくわけにはいかないと考え、少しでも多くの人へ、事実を伝えていけたらと思い、ここに行動を開始いたします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR