『20110407本日のチェック記事』

震災復興の巨人「亀井静香」議員に栄光あれ
---------------------------------------------------------------
今回テレビで報じられていないが、東北沖の災害復旧で最も早く民間で活躍した
機関は、郵政大臣の亀井静香と関係する組織であったという。これらは竹中平蔵
らが地デシタル放送の生放送延滞工作を行い、現地での活動を報道カット
させていたため、一切報じられる事がなかった。またインフラの回復でも
最も成果を出していたのが、自民党の自衛隊機関員ではなく、全て亀井静香大臣の
関係団体の元防衛族親衛隊機関であったというから驚愕の限りである!。
よくぞやった。其れこそ日本人である!

さらに亀井の防衛関係団体は、現地での放射能を浴びながら、最も迅速に医者
とガソリンを行動させて補給させ、いち早い脱出を成功させていた。この驚くべき行動スピード
は自衛隊同等であり、なんとイギリス情報機関と国家機関の手引きと協力によって自衛隊堂々の
スピードを実現したというから驚愕の限りである。これらは外資系金融テロリスト
である竹中平蔵のいう日テレの情報とはまったく逆であり、いかに馬鹿保守が
役に立たない戯け者集団であるかが如実に判明した次第である。

ここに何度説明するが、亀井大臣の関係機関が最も迅速で効果的で、世界的
コネクションを国連機関、情報機関、バチカンを経由し、関係機関を通じて
対策を実現させていたという事実は、これからも日テレ(やしきタカジンの言って委員会のクズ集団含む)、
テレビ東京と産経というクズ集団では報道できない事実なのである。

---------------------------------------------------------------

「福島第一原発1号炉はひょっとしたら再臨界が始まっているかもしれない」京大原子炉・小出裕章氏
---------------------------------------------------------------
小)再臨界で皆さんは爆発してしまうと、みなさん思ってるかもしれないけれど、そうではありません。再臨界をするとウランの核分裂反応が始まって熱が出るのですがそれによって再臨界を起こしている場所、

つまり私はウランが融けて固まっている場所があると推測しているわけですけれど、ウランが集まってるとこですね。そこの形状が変わるのです。温度が上がると、形状が変わると臨界がおさまります。

おさまるとまたもとに戻って来てですね、戻ったらまた核分裂反応が始まると。ブツブツ燃えるという状況に陥っていると疑っているのです。

水)核分裂がブツブツということは時々起こっているということですね。それ、もし起こっているとしたらですよ、ウランが融けて固まっている場所で形が変わり臨界しウランの核分裂反応が起こっているとすると、

そうすると何が困ることなんですか?

小)発熱が止まりませんし、ずーっと、小ちゃい原子炉が動いてるという状態、動いていて止められないという状態なっている。動いているということは、核分裂生成物を次々に生み出してるということですから、

放射能が次から次へ漏れてくる。それがヨウ素の濃度が1億倍を超えてしまったということにつながっただろうと私は思っている。

・・・

小)圧力容器というのは、まあ圧力釜ですね、そのなかに水を入れて原子炉を冷やそうとしてきた訳ですが、炉心という部分はもうほとんど裸になっているとデータが示しています。

そこはだから蒸気で冷やされてる訳ですけれども、圧力容器という圧力釜の底には、たぶん水があると思います。その状態で炉心という部分で被覆官が形を失って燃料棒のペレットがたまって、

そこで崩壊熱という放射性核種自身が出す熱と再臨界になった熱がでているのではないかと、今私は思い始めたのですが、そうなるとウランのペレットがどんどん融けていくと思います。

かなりの部分が融けた状態で圧力容器の底に残っている水の上に落下するということになると、私が一番恐れている水蒸気爆発が起こります。
---------------------------------------------------------------

ずっとウソだった ネットゲリラ
---------------------------------------------------------------

どうも、斉藤和義本人らしい。Youtubeではビクターがせっせと削除し、アップする人といたちごっこになってますw 本人のコメント「ネットデヒロッタ。アップシタ。ミンナヨロコブ。オレ、ウレシイ。ゲラゲラw」

清志郎亡きあとにも、コイツがいるぞ!

この国を歩けば、原発が54基
教科書もCMも言ってたよ、安全です。
俺たちを騙して、言い訳は「想定外」
懐かしいあの空、くすぐったい黒い雨。
ずっとウソだったんだぜ
やっぱ、ばれてしまったな
ホント、ウソだったんだぜ
原子力は安全です。
ずっとウソだったんだぜ
ほうれん草食いてえな
ホント、ウソだったんだぜ
気づいてたろ、この事態。
風に舞う放射能はもう止められない
何人が被曝すれば気がついてくれるの?
この国の政府。
この街を離れて、うまい水見つけたかい?
教えてよ!
やっぱいいや…
もうどこも逃げ場はない。
ずっとクソだったんだぜ
東電も、北電も、中電も、九電も
もう夢ばかり見てないけど、
ずっと、クソだったんだぜ
それでも続ける気だ
ホント、クソだったんだぜ
何かがしたいこの気持ち
ずっと、ウソだったんだぜ
ホント、クソだったんだぜ

---------------------------------------------------------------
関連記事
スポンサーサイト
人気ブログランキングへ

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

C.F.E.

Author:C.F.E.
現実にいる政治家に会うこともあったが、どうにも信用ができなかった。それは、客観性のない事実を彼らが信じ、誰が考えたかもわからない論理を発展させ、政策にしていたから。僕は、そんな彼らに辟易としていたが、何もせず彼らの好きなようにさせておくわけにはいかないと考え、少しでも多くの人へ、事実を伝えていけたらと思い、ここに行動を開始いたします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR