告白:メルクの医者が米国にエイズを持ち込む Confession: Merck Doctor Brings AIDS to America

http://www.youtube.com/watch?v=vgBBwOnmy3w&feature=player_embedded


Confession: Merck Doctor Brings AIDS to America
by DR. MAURICE HILLEMAN
告白:メルクの医者が米国にエイズを持ち込む by モーリス ヒルマン博士


(February 20, 2008) Dr. Maurice Hilleman, Merck Vaccine Chief, Brings HIV/AIDS to America and confesses that vaccines are full of cancer-causing viruses
モーリス ヒルマン博士、メルクのワクチンチーフである彼は、アメリカにHIV/AIDSを持ち込み、ワクチンは、ガンを引き起こすウイルスで満たされているということを告白する。

This stunning censored interview conducted by medical historian Edward Shorter for WGBH public television (Boston) and Blackwell Science was cut from The Health Century due to its huge liability--the admission that Merck drug company vaccines have traditionally been injecting cancer viruses (SV40 and others) in people worldwide.

WGBH公共テレビ(ボストン)とBlackwell Scienceの医学歴史家であるエドワード・ショーターによって行われたこの驚くべき検閲されたインタビューは、巨大な責任--メルクという制約会社のワクチンが、伝統的にガンウイルス(SV40やそのほかのもの)を世界中の人々に注射してきている--のせいでHealth Centuryからカットされた。

This segment of In Lies We Trust: The CIA, Hollywood & Bioterrorism, produced and freely contributed by consumer protector and public health expert, Dr. Leonard Horowitz, features the world's leading vaccine expert, Dr. Maurice Hilleman, who explains why Merck's vaccines have spread AIDS, leukemia, and other horrific plagues worldwide.

関連記事
スポンサーサイト
人気ブログランキングへ

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

No title

とても魅力的な記事でした!!
また遊びに来ます!!
ありがとうございます。。
プロフィール

C.F.E.

Author:C.F.E.
現実にいる政治家に会うこともあったが、どうにも信用ができなかった。それは、客観性のない事実を彼らが信じ、誰が考えたかもわからない論理を発展させ、政策にしていたから。僕は、そんな彼らに辟易としていたが、何もせず彼らの好きなようにさせておくわけにはいかないと考え、少しでも多くの人へ、事実を伝えていけたらと思い、ここに行動を開始いたします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR