「英国は実際に暗殺を行っていた」、スパイ小説家のル・カレ氏

「英国は実際に暗殺を行っていた」、スパイ小説家のル・カレ氏
http://www.afpbb.com/article/politics/2751713/6121832

引用開始

【8月29日 AFP】29日の英日曜紙サンデー・テレグラフ(Sunday Telegraph)は、スパイ小説で知られ、1950~60年代に英国の情報機関に勤務した経験がある英国の作家、ジョン・ル・カレ(John le Carre)氏(79)が、冷戦当時、英国は実際に暗殺を行っていたと語ったと報じた。

「たしかに我々は非常に悪いことをしていた。数多くの直接的な行動を行った。暗殺もそうだ。私自身が関与したことはなかったが」

 同氏によると、西側と旧ソ連圏のスパイ組織の間には大きな違いがあったという。「(西側では)極めて冷酷な作戦を計画しているときでも民主的な協議の手続きは比較的よく守られ、人道的な良心が働いていた。全体主義国家では暗殺者が処罰されることはなく、責任を問われる者などだれもいなかった」

 英国では23日、秘密情報部(MI6)に派遣されていた英政府通信本部(GCHQ)の男性職員の変死体が発見されている。(c)AFP


引用終わり
スポンサーサイト
人気ブログランキングへ

テーマ : 国際問題
ジャンル : 政治・経済

プロフィール

C.F.E.

Author:C.F.E.
現実にいる政治家に会うこともあったが、どうにも信用ができなかった。それは、客観性のない事実を彼らが信じ、誰が考えたかもわからない論理を発展させ、政策にしていたから。僕は、そんな彼らに辟易としていたが、何もせず彼らの好きなようにさせておくわけにはいかないと考え、少しでも多くの人へ、事実を伝えていけたらと思い、ここに行動を開始いたします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR