会社と国の支配層の同じ程度について

この国にいることが息苦しいと思うことがある。
この会社にいることが息苦しいと思うことがある。

なぜならどちらも宗教のように、論理を無視した原理に基づいた仕組みを形成・維持しているから。

ま、安倍のバカはバカだからこそ支配者に使われているだけで、庶民を虐げることもましてや殺すことも厭わない。

会社は会社で捏造によって出世したクズによって支配されているがゆえに、別の部署に異動したいなら勝手に出て行ってもらってかまわないよ、君の分はいくらでもいるから。なんて言葉が吐けるわけで。。。

安倍にしても国民なんて死んでしまえば移民を入れてしまえばいいだけだ、なんて考えに沿ってるようにしか思えない。まあ安倍はバカだから指示通りに動いてんだけど。
スポンサーサイト

雑感 熱く冷たく やや熱く

人との出会いによって元気をもらえる。久しぶりに実感した一日を過ごした。

これまでは、生きることは結局の所、飯食ってクソして寝るだけ、ということを理解し、冷めていたんだけど、それでは面白くないので、もっと気持ちがワッと熱くなるような事をしたいと思った。熱くなることで冷静さを欠き、誰かの悪意の行動へと向かわされることがないように、熱いながらもクールな視点を持ち、行動だ。

本当に今は、希望を持てなくなるようないろいろな出来事が起きているけど、そしてそれはこれからも起きてしまうわけだけど、少しでもその流れの中で自分の周りの人たちとだけでもせめて楽しくやれるように僕は生きたい。そのために今僕が出来る事は、まず人との繋がりを作る事。その先に、お金を集め、コミュニティの場所を確保する事ができれば、ある程度の目標は達成できたと思えるはずだから、今を生き、過去をすてきな物にする。

冷たいコンクリートに囲まれた街の中で、どれだけの人の温もりを感じて混じらせる事ができるか。生きる事。生き生きとする事。

生きる事に貪欲で、他人の命にはお節介で。

やっぱり僕は人が死ぬのを数字として見るのも、聞くのも嫌だ。

今は、大きな洗脳装置のメディアがTPP、TPP、不"安倍"増総理が国益のために、と国民のためにならない事を言っているけれど、その陰に実際は多くの人の不安や死が溢れており、今後も永久とも思える時間、そういった事が続く事を報道することはない。

生きる事に貪欲で自ら命を絶とうとする人にはお節介で。それが僕のポリシー。

人気ブログランキングへ

テーマ : つぶやき
ジャンル : 日記

プロフィール

C.F.E.

Author:C.F.E.
現実にいる政治家に会うこともあったが、どうにも信用ができなかった。それは、客観性のない事実を彼らが信じ、誰が考えたかもわからない論理を発展させ、政策にしていたから。僕は、そんな彼らに辟易としていたが、何もせず彼らの好きなようにさせておくわけにはいかないと考え、少しでも多くの人へ、事実を伝えていけたらと思い、ここに行動を開始いたします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR