【戦争はなぜ起きるのか】エイプリルフール 2013年4月2日 メモ

エイプリルフール
エイプリルフール

もう昨日になってしまったが、
イギリスの大手新聞が競ってエイプリルフールの嘘記事を書きたてたという。


けれどもイギリスの新聞だけでなく、
世界中の新聞が毎日国民を騙して死に追いやる嘘記事を書いている。

日本では福島原発事故当時の官房長官談話に代表されるよう、
マスコミは政治家の虚言をそのまま真実のように国民に垂れ流し、
あとになって「騙された!」などと騒ぎ立てて自分も被害者であったように装う。

政治家の嘘は最初から分かり切っていることだ。

現在もそうだ。
新聞は毎日「憲法改正!」と叫び続けている。
安倍晋三や石原慎太郎、橋下徹らが改憲・開戦を推し進めているのを強烈に後押ししている。


そして本当に戦争が起こり、
日本が完全に破壊された戦後になって書くことだろう。


あの時我々は橋下徹や安倍晋三の言葉に騙されてしまった。
もう二度と騙されないよう、
私たち新聞社は政治を監視してゆくことだろう、と。

その何十年か後、
戦争は再び起きる。
政治家とマスコミの宣伝によって。

なぜならそれがマスコミの存在する唯一の理由なのだから。


アメリカの企業がテレビ局に広告費を払っているのは、
戦争を起こす為にマスコミが必要だからである。
国民を騙すにはテレビと新聞が最も有効な手段だということを国民は理解していない。

スポンサーサイト
人気ブログランキングへ

テーマ : 政治・経済・時事問題
ジャンル : 政治・経済

マッカーサー発言「日本は12歳の少年」についてのまとめ

ダグラス・マッカーサー(Wikipedia)
「12歳」発言
民主主義の成熟度について「アメリカがもう40代なのに対して日本は12歳の少年、日本ならば理想を実現する余地はまだある」と述べた。
上記「12歳」発言は、1951年5月5日に米上院軍事外交委員会において上院議員 R・ロングが行った「日本とドイツの占領の違い」に関する回答として行われたものである。マッカーサーは次のように回答した。

1. 科学、美術、宗教、文化などの発展の上からみて、アングロ・サクソン民族が 45 歳の壮年に達しているとすれば、ドイツ人もそれとほぼ同年齢である。

2. しかし、日本人はまだ生徒の時代で、まだ 12 歳の少年である。

3. ドイツ人が現代の道徳や国際道義を守るのを怠けたのは、それを意識してやったのであり、国際情勢に関する無知のためではない。ドイツが犯した失敗は、日本人の失敗とは趣を異にするのである。

4. ドイツ人は、今後も自分がこれと信ずることに向かっていくであろう。日本人はドイツ人とは違う。



この発言を見ると、ドイツ=成熟しているから、自分で考え自分で行動できる国民だけど、日本=未成熟なため、モデルになる考えや行動をアメリカから与えてやることで「(アメリカにとっての:管理人追記)理想を実現する」ことができる。という風にとれる。


「日本人の精神年齢は12歳だ。」とマッカーサーは言ったことがあるらしいですが、... http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1048298520


octoberpencilさん

マッカーサーはその時、日本を馬鹿にしてそのようなことをいった訳ではありません。

同じ敵国であるドイツと比べて、ドイツは民主主義が十分成熟した上で、軍国主義、ファシズムを敢えて選んだが、一方日本の場合は民主主義が成熟していない、西欧と比べたら、「12歳」くらいの状態で、無知な状態で軍国主義に陥った。
ドイツは国際情勢、国際法、そのた慣習などにおいて全て熟知した上で戦争を起こしたが、日本はそうではない。
したがって、日本の場合は、ナチスドイツと同じ罪の重さではない。

と日本を擁護しようとしたのです。
この時の、連邦議会でのマッカーサーは一貫して日本が戦争を行ったのはしかたがなかった、と主張し擁護しています。

ですから、私がその場にいたら、感謝の言葉を言ったでしょう。



この方は上記のマッカーサー発言(1951年5月5日)を「西欧と比べたら日本は12歳ぐらいの状態で無知な状態で軍国主義に陥ったから、日本はナチスドイツと同じ罪の重さではない。」と捉え、さらに連邦議会でのマッカーサーは「日本が戦争を行ったのは仕方がなかった」と一貫して主張し日本を擁護している、と言っています。

この方の考えを読むと、件のマッカーサー発言は米国の議会で日本擁護の言葉のように読めますが、マッカーサーの意図は違ったと思うね。

なぜなら、「日本ならば理想を実現する余地はある」と言い、その理由に「ドイツ人は、今後も自分がこれと信ずることに向かっていくであろう。日本人はドイツ人とは違う。」と言っているわけだから、アメリカにとっての理想=アメリカにとって都合の良い植民地、を実現する事がドイツでは無理だけど、日本なら可能だろうと思っていたということだと思う。

日本は八方ふさがりで戦争に向かわざるをえなかったという意図の発言は、上記の発言とは異なる日に言われているのを見つけた。↓


対訳 マッカーサー証言 昭和26年5月3日、米国議会上院の軍事外交合同委員会で行われた質疑応答の一部
Strategy Against Japan In World War II
第二次世界大戦における対日戦略

Senator Hickenlooper.
ヒッケンルーパー上院議員

Question No. 5: Isn't your proposal for sea and air blockade of Red China the same strategy by which Americans achieved victory over the Japanese in the Pacific?
5番目の質問です。赤色中国に関する海と空からの封鎖という貴官の提案は、太平洋において米国が日本に勝利を収めた際の戦略と同じではありませんか。

General MacArthur.
マッカーサー将軍

Yes, sir.
そうです。

In the Pacific we bypassed them.
太平洋では、米国は日本を迂回しました。

We closed in.
そして閉じ込めたのです。

You must understand that Japan had an enormous population of nearly 80 million people, crowded into 4 islands.
日本が抱える八千万人に近い膨大な人口は、四つの島に詰め込まれていたということをご理解いただく必要があります。

It was about half a farm population. The other half was engaged in industry.
そのおよそ半分は農業人口であり、残りの半分は工業に従事していました。

Potentially the labor pool in Japan, both in quantity and quality, is as good as anything that I have ever known.
潜在的に、日本における予備労働力は、量的にも質的にも、私が知る限りどこにも劣らぬ優れたものです。

Some place down the line they have discovered what you might call the dignity of labor, that men are happier when they are working and constructing than when they are idling.
いつの頃からか、彼らは、労働の尊厳と称すべきものを発見しました。つまり、人間は、何もしないでいるときよりも、働いて何かを作っているときの方が幸せだということを発見したのです。

This enormous capacity for work meant that they had to have something to work on.
このように膨大な労働能力が存在するということは、彼らには、何か働くための対象が必要なことを意味しました。

They built the factories, they had the labor, but they didn't have the basic materials.
彼らは、工場を建設し、労働力を抱えていましたが、基本資材を保有していませんでした。

There is practically nothing indigenous to Japan except the silkworm.
日本には、蚕を除いては、国産の資源はほとんど何もありません。

They lack cotton, they lack wool, they lack petroleum products, they lack tin, they lack rubber, they lack a great many other things, all of which was in the Asiatic basin.
彼らには、綿が無く、羊毛が無く、石油製品が無く、スズが無く、ゴムが無く、その他にも多くの資源が欠乏しています。それらすべてのものは、アジア海域に存在していたのです。

They feared that if those supplies were cut off, there would be 10 to 12 million people unoccupied in Japan.
これらの供給が断たれた場合には、日本では、一千万人から一千二百万人の失業者が生まれるという恐怖感がありました。

Their purpose, therefore, in going to war was largely dictated by security.
したがって、彼らが戦争を始めた目的は、主として安全保障上の必要に迫られてのことだったのです。

【TPP】農業を潰したら失業者数百万人 メモ

農業を潰したら失業者数百万人
野次馬 (2013年3月17日 12:56) | コメント(38)

TPPでGDPが3.2兆円増えるというんだが、どこで増えるのかというと、大企業とかの売上げが増えるだけで、誰かの給料がそれだけ増えるわけじゃない。一方、農業が3兆円減るというんだが、コレは言うまでもなく、農業従事者の手取りが減るわけで、もともと8兆円しか売上げがない商売なので、それが3兆減ったら、間違いなく壊滅です。爺婆の零細農業を潰して、集約化、巨大化すれば海外と競争できるというのも大嘘で、農業というのは腰の曲がった死にかけの爺婆でも出来る商売だからこそ、メリットがある。どこの会社も雇ってくれないような、そんな人でも農業だったらナントカ自活できる。育てなきゃいけないのは、零細農家です。農家の高齢化は、もう30年も前から言われていて、30年前の爺婆がいまでも爺婆やってるわけはないので、世代交代しているわけですね。定年退職後、再就職も出来ないような底辺労働者が、そのまま農家に戻っているだけ。ナマポや失業保険の代替としての役割を担っている。なので農業が壊滅したら、数百万人の「失業者」が出てくる。3.2兆円程度のGDP増で、これだけの失業者を養えるというのか? そういう意味では、むしろ育てなきゃいけないのは、零細農家です。ところが、

ちなみに。元農水省官僚の前出の木下さんによると「農業保護」のつかみ金はウルグアイラウンドの時と同じく6兆円が予定されていて、バラまかれる側は手ぐすねひいて待っているという。前回はさまざまな自治体がそれてで温泉を掘った。あなたや、あなたのまわりにもある3セクの「ナントカの湯」がそれである。
勝谷誠彦氏のメールによれば、早くも「千手観音」がウゴメキ始めているようで、撒いたカネがまったく役に立っていない、と。しかも、今度もそれを繰り返そうとしている、と。もうね。役人や政治家に期待しても無駄。我々は、自分の手で、自分の食う物を作る農家を育てなければならない。色々とおいらも考えている事があるんだが、まだ公表できる時期ではないので、とりあえず軽トラックを用意しておけ、としか言えない。



自動車の関税は今のまま維持らしい。

米国に譲歩で自動車関税が維持へ、日本はTPPで年間たった0.027%しか成長せず



つまり、日本はTPP参加により、10年間でGDP1兆7500億円と成長率0.33%、年換算で成長率0.033%とGDP1350億円となる。

この結果、安倍総理が発表する政府試算は8割増しの水ぶくれとなるのである。
それに比べて、TPP参加で農業の壊滅的なダメージは目を覆うばかりである。

現状でおよそ7兆円の農業における生産額が4割減少して3兆円も減少するのである。このことはおよそ250万人の農業就業者数が4割減少して、およそ100万人が農業から排除されることになるのである。

さらに、TPP参加で競争力ない国内企業も壊滅的なダメージとなるのである。

関税撤廃により市場規模3兆円を外国企業に奪われるのである。これは農業と同金額となりおよそ100万人が様々な業種から排除されることになるのである。

つまり、少なくとも政府試算から理解できることは、安倍政権はTPP参加で、国民のおよそ200万人に強制的な職種の転換を迫り、強制的な所得の移転を実施したいという意図があるということである。

そして、大企業の成長ことこそ全てという幻想を抱いているということである。
自由貿易が全て、競争原理が全て、格差社会が全ての日本にするつもりなのか。

どう考えても日本がTPP参加して、国内産業の損失が10年間で6兆円、輸出産業の恩恵が10年間で1兆7500億円では、国益を損ねる結果であろう。

安倍総理の「日本を取り戻す」ことが、小泉政権の延長であり「聖域なき制度撤廃」、「競争原理至上主義」、「格差社会構築」となったことは残念である。

これにより国民が「日本を取り戻す」ためには、「TPP交渉の脱退」と「安倍政権の退陣」がこれから半年以内で必要不可欠な事項となったのである。

新自由主義者が、米国でリーマンショック、EUで欧州債務危機を経験しながらも、新自由主義の名の下に全く懲りず富の追求をすることは愚かである。

国民の全体的な繁栄があってこそ、国家の繁栄があることを忘れてはいけない。




【記事保存】ロシア自由民主党の党首 ウラルの隕石落下で米国を非難

ロシア自由民主党の党首 ウラルの隕石落下で米国を非難

15.02.2013, 15:45

ロシア自由民主党のウラジーミル・ジリノフスキー党首は、ウラルでおこったのは隕石の落下でもなんでもなく、米国による兵器実験だと主張している。
常軌を逸した発言で知られるジリノフスキー氏が記者らに語ったところによれば、「これは隕石の落下ではない。米国による新兵器実験だ。米国のジョン・ケリー国務長官は月曜日にこのことを警告するためにセルゲイ・ラヴロフ外相に連絡しようとしたが、ラヴロフ外相は外国訪問中だった。警告というのはつまり、挑発行為が行われるということで、それがロシアにも関係する恐れがあるということだ。」という。

ジリノフスキー氏によれば、宇宙というのは宇宙であり、自らの法則を持っているという。「そこでは何も落ちることはない。落ちるというのは、それは人間がそうするのだ。人間は戦争の火付け役であり、挑発者だ。」と語っている。

これより先、米国務省は、ジョン・ケリー長官が3日間もセルゲイ・ラヴロフ外相と連絡が取れない状態だとの声明を表していた。ラヴロフ外相は現在、アフリカ歴訪中。国務省によれば、北朝鮮情勢およびシリア情勢について協議したかったのだという。ロシア外務省は2月12日、ワシントンから緊急電話会談の照会を受けていたが、ラヴロフ外相がアフリカ歴訪中で多忙なため、不可能だと判断した。それは米国側に伝えられたという。

さかもと大輔、神谷宗幣を落としましょう

あっち側に洗脳されたままということか。
龍馬プロジェクト さかもと大輔×みんなの統一教会 キター

アホな政治家志望者は、政治家になりたいだけである。政治家になった先にどういった政策が国民に良い影響を考えるか精査することはない。ただ、金持ちや権力者によって策定された政策は、メディア、講演者などを利用し、美辞麗句に酔いやすく自分に陶酔しているアホな人へと染み渡らせられる。そうすることによって、またそのアホな人を応援する人も自分たちにとって不利益になるとは知らず、陶酔し、投票する。

日本維新の会 広島第7区 福山市 衆議院選挙立候補者 さかもと大輔
自由民主党 大阪第13区 東大阪市 衆議院選挙立候補者 神谷宗幣

二人の共通項・・・吹田新選会。さかもと大輔は、昨年の吹田市議会議員選挙に立候補する予定で吹田新選会で記者会見まで出たものの、なぜか本番前に立候補しなかった。その理由は、吹田新選会の立ち上げ人である神谷宗幣氏によって辞退を強要されたのではないかと言われている。

龍馬プロジェクト 内部分裂 これが政治家団体の本性だ
魚拓:柿本あつやをいじめる奴は、俺を敵に回したとみなしてあらゆる手段を執る。

先日のミーティングにおいて新人4人のうち3人が「公認取り消し」を宣告され、うち1名は助命嘆願の結果撤回され、そのまま新選会から出馬することになりました。 一方、S候補者は心が折れてしまい新選会からの脱退並びに出馬取りやめとなりました。 数ヶ月前から罵倒され続け言いがかりに近い課題やプレッシャーにより完全に心が折れてしまったS君。彼は暫くの間音信不通となり、さきほどやっと連絡が取れましたが、そのダメージは大きく予断は許しません。 私も言いがかりのような課題やプレッシャーがありましたが、なんとかしのぎました。



このS君=さかもと大輔君と思われます。

「さかもと大輔くん、神谷宗幣氏にいじめられてよく立ち直ったわね〜。投票してあげるわ〜」なんて思って同情票を入れるのは止してね。

ましてや、「神谷宗幣さんって男前〜」だけで投票するのかもってのほか。

といいつつ、私個人としては、今回の選挙に無力感を感じております。

多分、自民党が第一党になり、政権を取り、安倍晋三、石原ばか太郎、橋下とおるちゃん、宗教、らが連立を組んで3分の2以上の議席を占め、憲法改正に動きます。その行き着く先は・・・。
プロフィール

C.F.E.

Author:C.F.E.
現実にいる政治家に会うこともあったが、どうにも信用ができなかった。それは、客観性のない事実を彼らが信じ、誰が考えたかもわからない論理を発展させ、政策にしていたから。僕は、そんな彼らに辟易としていたが、何もせず彼らの好きなようにさせておくわけにはいかないと考え、少しでも多くの人へ、事実を伝えていけたらと思い、ここに行動を開始いたします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR